ありのままの自分になる事

今まで髪の毛をずっと染めてきたが、もうやめようと思うようになった。まだ決定ではないが、ありのままの自分で良いかなと思うようになった。

自分自身の髪の毛が一体どれくらい白いのだろうか、自分は知らない。一度確認しておこうかなと思うようになった。いくら心が若くても、自分のほうんとうの姿を見たら、少し気持ちも変わるのではないかとも思う。

今後はマンションの清掃を積極的に自社でもっともっと大規模にやっていこうと思うようになってきた。この仕事はなくならない。しかも、働く方にしても、人に気を使う事はないし、自分のペースでできる仕事だ。一番良いかもしれない。

損して得とれ

この世の中で一番大切なものは何と言っても運です。運命という言葉があります。人間の一生は運命、つまり運により決まる命ということです。

よく世間でがめついと言われる人がいます。しかし私は、その人が結局総合的には損をしていることは間違いないと確信しています。だから腹も立たない。他人から「あいつはがめついやつだな」なんて思われていたら運は全然貯まってきませんから。

目先の利益、今日の利益、そういうものよりももっと大事な物がある。人のために生きること、これをすると何と言っても感謝されます。人からの感謝が、いかに自分の運を引き上げるか。若い人はまだわからないかも知れませんが、これが運を貯める一番の方法です。

運が数値が貯まってくると、自分でもびっくりするくらいの良いことが向こうから舞い込んできます。そういう経験を何度かすることで、やっと運の意味が私もわかってきました。50歳を過ぎてからくらいでしょうか。

人のために生きる。自分は縁の下の力持ちになって、皆さんに尽くしたい。よくこういうことをいう人がいるが、実はそういう人に限って、人を踏み台にしてのし上がっていく。

私が言う人のために生きるというのは、結局はそれが自分の為だからだという意味だ。他人のための人生ではないのだ。ただただ自己犠牲の精神では、絶対に続かない。その先に、結局それが全て自分に何倍にもなって帰ってくるという、下心が大事なのだ。人間なのだからそれでいいと思う。

そう考えると、私の言っていることは説得力があると思う。人のために生きることが、人が喜ぶように自分を犠牲にすることが、結局はすべて自分自身のためになる。これは本当の事です。

 

 

還暦を迎える準備

私は来年、60歳になる。皆からは社長はとても若く見える。まだ50歳で通用すると言われるが、所詮髪の毛を白髪染めして黒くしているからだろう。中身は完全な60歳の人間である。

無理も効かなくなっているし、頭も硬くなってきた。人間は12年というサイクルを5回生きると、もう一度生まれ変わる。そんな気がする。

還暦を前に性格がかなり変わってきた気がする。ともかく時間がない。相手の事を考えて言っていい事悪い事なんて考えている暇がない。言いたい事は全部言う。やりたい事はやる。やりたくない事はやらない。ただそれだけの生き方に変えようと思うようになってきた。

あと半年、現場からの私自身の撤退を考えている。自分は経営に専念しようと思う。見積もりにはまだ行けるとは思うが、それだって若い営業の方が良いに決まっている。

日常清掃の案件も今後はもっと増やしていきたい。働く人が元気になれるような給料体系をもっときちんと確立したい。例えば、日常の現場はある意味歩合的な部分があるが、これを毎年上げていき、10年かけて、ほぼ会社の利益はなくなるくらいまで歩合を上げてあげる。そうすれば作業員は皆、一生懸命頑張ると思う。

エアコンのメンテナンス、洗浄、フロンガス点検、フィルター清掃も全て任せていこう。