ゴルフの復活

2年やめていたゴルフを再開した。先日、2年間練習しない状態で久しぶりにコースに出た。スコアは106だった。

ドライバーイップスがほぼ治り、トップから降りてくるようになった。

2年もやめていれば、何もかも忘れるのかな。ある意味、良い休養であった。

今後は、健康のためにゴルフをしようと決めた。もう自分は上手くはならない。飛距離もさらに落ちてくるだろう。

ただただ健康のためのゴルフ、カートに乗るのではなくなるべく歩いて回るゴルフに専念しようと思った。

そう思うと、ショットに怖さがなくなってきた。ドライバーでOBしたらどうしようとか、パターが入らなかったらどうしようなどそういう気持ちが全くなくなった。

自分はゴルフでは握りをやらない。友人同士のゴルフである。だからもうスコアはどうでも良い。大事なのは、自分の健康だけである。

そう思うとゴルフが面白くなってきた。再開後、2回目のコースのアウトで49が出た。大満足。後半は58だったが。。。笑

私を変えた女房の一言

若い頃、私にも勢いがあった。イケイケどんどん、事業を拡大し売り上げを伸ばす。そのことに喜びを持っていた。

あるとき、とても大きな会社の定期の仕事の依頼がきた。私は小躍りして女房にその事を話した。これが決まるとうちはさらに大きく飛躍するな。頑張るよ!

すると女房は少し悲しそうな顔をして私にこう言った。

「そんなに一生懸命働いてどうするの?私は今のままでも十分幸せだし、忙しすぎるより、旅行に行ったり、休んだりそう言う事で充実した人生が送りたいな。」と。

若かった私はこれを聞いて愕然とした。脳天をハンマーで叩かれたような思いだった。そう言う価値観もあるのか!自分の頭の中にはそんな思いは一切なかった。あまりにも自分と違う意見に一旦は戸惑ったが、あまりにも違ったため心に残り、それから毎日そのことを考えるようになった。

そして私は結論を出した。その大きな仕事は断り、余裕を持って仕事をし、夫婦で旅行に行ったり、余暇を楽しもうと。

あれから、約20年たった今、私は還暦となった。あの時の女房の言葉は一度も忘れたことはない。

「今、振り返ると、あの時お前に言われたことは正しかったと思うよ。事実、俺は幸せだし、何も不満もない。お前には感謝しかないよ。」と当時言われたことを女房に伝え、そして感謝した。

女房は少し不思議そうな顔をして、私にこう言った。

「え〜、私そんなこと言ったっけ?ジャンジャン仕事して稼いでほしいのに〜。」

おしまい。。。。

一休み

私は20歳から還暦を迎えるまで休みなく働いてきた。4月還暦を迎え、丁度コロナの影響もあり一休みしようと思うようになった。

基本5月、6月は一切、私は現場に出ないことにした。歳を取ると体が動かなくなる。自分では大丈夫だと思って、体が言うことを聞かず、ミスが出るのが一番怖いからだ。

私は業務用エアコンクリーニングの現場をやめようと思う。

弊社最大の事業であるプラニソールMの販売、フロン漏洩点検、フィルター交換事業、この3つの事業にはまだ現役として頑張ろうと思っている。どれもミスが致命傷にならない事業ばかりだ。

業務用エアコンクリーニングは怖い。何が怖いかと言って、本当に一切の過失がなくエアコンにエラーが出た時、絶対に許されない現場があると言うことだ。デイサービスなどもそうだ。もう私にはそう言う現場はただただ怖い現場になってきた。厩舎もそうだ。クリニックだって同じ。

思い起こすともう、ずっとミスなどしていないし、基本的にエラーで迷惑をかけたこともない。それなのに、なぜこれほど怖いのだろうか?自分でもよくわからない。

これからは全てのリスクのある仕事は若い人に任せようと思う。老兵はただ、消え去るのみである。

引退

私は還暦となった。まさか自分が60歳になるとは思わなかった。

私は永遠に60にはならないと思っていたからだ。

60歳になり、いよいよ会社を誰かに引き継いでもらいたいと思うようになった。もちろん、子供に継がせるつもりは無い。

色々と考えることがあるが、3人くらいの候補がいる。みんな、基本的に正直な人間だ。私は正直な人間が好きだ。

社長にとって一番大事なことは、やはり誰を後継者にするかだと思う。

そんなに長い未来では無いと思う。

還暦

私は4月23日に還暦を迎えた。60歳である。これを機にいくつかの現場はやめようと思う。

本当は、10日くらい旅行にでも行こうかなと思っていたが、コロナのこの時期なので無理だろう。

60歳まで生きられたことには心から感謝したい。

人生は、短いな。後いくら長く生きられるとしてもせいぜい60年が限界だろう。

緊急事態宣言

もちろん、弊社にはおそらく一切の保証はないだろうと思う。中小零細企業は200万円、個人事業主は100万円なんて言っているけど、多分審査が厳しいと思う。

でも私は気にしない。こういう時のために、今まで企業の内部留保を積み上げてきたのだ。

これは戦争だ。戦争で爆弾が空から飛んできて家が燃えて親族が死んでも、第二次世界大戦の時、国は保証してくれたか?そんなもの何もなかった。結局、自分の身は自分でしか守れないのである。

しかもコロナウイルスは日本政府が生み出したものではない。日本政府だって、ある意味被害者なのだ。みんなが被害者だ。被害者同士で非難どうする?

国も頑張れよ、俺は自分で頑張るから。

私はそういうつもりで頑張っていこうと思う。

民主主義国家はコロナに勝てるのか?

コロナに勝つ方法は、実は簡単である。

1ヶ月間の完全自宅待機。病院、高齢者施設、スーパー以外の店舗は全て自粛。

これ以外にない。日本人全員1ヶ月のお休みだけど。これ以外はない。

チンタラちんたらやっていたら1年間以上の期間がかかり、経済は完全に疲弊してしまう。企業は生き残れるが個人は無理だ。

1ヶ月の完全自宅待機。これ以外はない。だが、この命令を民主主義国家は出せない。中国ならできる。

民主主義国家は、本当に素晴らしいと思うが、こういう時に強制力のある命令が出せない。これではコロナに勝てないのではないか?

ブームレンズにはそれなりの良さがあることを実感する。

まだまだ実力不足なので、fa limited3兄弟には手を出していないが、それなりのFAレンズは手に入れた。FA28F2,8  FA50F1.4 DA35F2.4 とりあえずこの3本で写真を撮っている。

K-1には主に、FA28を付けている。光の取り組み方が35より良いと思うからだ。広角だし景色を取るにはちょうどいいと思う。

ここにきて最初に手に入れたタムロンの28-75のズームを使うことも増えてきた。F2.8通しの明るいズームレンズだ。ボケも良いし、何と言っての人物をとるのは、このレンズのほうがなんだかいいような気もしてきた。毛穴までくっきりと写す単焦点よりも、すこしふんわりのズームのほうが温かみが出てくるからだ。

所有しているカメラはすべてPENTAXでK-1 K-S1  K-01 PENTAXーQである。

Qはマウントが違うが、これはこれで楽しいカメラだ。軽いし何といっても私にカメラのすばらしさをおしえてくれた最初のカメラである。

K-1はフルサイズだが、残りの二つはAPS-Cだ。本当は、この二つを売って(人にあげても良いかな)K-70が欲しいところだ。

タムロンには10-24の広角ズームがある。これがK-1にほぼ使える。これはびっくりした。ケラレはあるが、24ミリならほぼ問題なし、17ミリくらいからほぼ実用オーケーという感じである。

フルサイズカメラにAPS-C用のレンズを付けると、ものすごくくっきりと写る。相性がいいのかもしれない。

もうそろそろレンズもいらなくなってきた。すばらしいカメラのある人生を今後も歩んで行きたいと思う。

ウグイス嬢に日当3万円を払うこと。

私はとても良いことだと思う。私自身、協力してくれる人に対して、どこにも負けない値段を出すことだけを生き甲斐にしている人間からすると、これはすごくいい事のように思えるのだ。

法律は守らなければならない。でもそれは詐欺行為や、収賄贈賄のような事に対して当てはまると思う。ウグイス嬢の1票が欲しくて買収したわけではないだろう。

ただただ1日1.5万円で働いてもらうのが申し訳なくて3万円出したのだとすると、その人はいい人ではないのかな。

ちなみに私は1、5万円で丸々1日働くくらいなら、寝ていた方が良い。程よく断ります。

 

新しい MacBook Proを買う

価格コムにて、激安価格となっていたMacBook Proを買った。買ってすぐに電源を入れると、充電されないと言う初期不良であった。2018年度製のものだったので、保証はないのかなと覚悟したが、メーカー保証は、電源を入れてから1年間ということで、無料保証となった。

しかしAppleの対応は凄かった。電話にて連絡して症状を聞き配送して修理、そして返却という流れであったが、まず電話が全く混まなかった。日本のメーカーの場合、電話をかけてもいつまで経ってもつながらない。それが当たり前だと思っていたが、Appleは違っていた。さすがである。

担当の人と約30分近く話をした結果、やはり初期不良であることが判明し、引き取り、修理、配送となった。二日前に出して、二日で戻ってきた。おおよそ一週間という期間を大幅に短縮した修理工程であった。感動ものである。

日本のメーカーであれば、こんなことは不可能であったと思う。値段が高いということはいいこともあるのだと痛感した。サービスが違う。安心が違う。

しかし、500ギガのMacBook Proが15万円とは本当にお買い得であった。今このブログも新しいMacBook Proで書いている。タッチキーも前のものより浅く、少し慣れなかったが、だんだんと心地よくなってきている。

2014年度製のMacBook Proがまだバリバリ現役であったが、なぜ買ったかというと、もう一度自分で情熱を傾けてネットの作業をしてみたいと思ったからだ。そのためには、新しいノートブックを買って心機一転がんばってみようと思ったからだ。形から入るタイプの人間である。笑

何とFINAL CUT PROも買ってしまった。ワード、エクセルも入れた。完璧である。動画の編集を含めて、還暦をもうすぐ迎える身としては、もう一度全てにチャレンジしようと思う。

古いMacBook Proは、携帯用にしようと思う。いつ壊れてもいいので、外出先に持っていこうと思う。

Appleは本当に素晴らしいな。