新しい MacBook Proを買う

価格コムにて、激安価格となっていたMacBook Proを買った。買ってすぐに電源を入れると、充電されないと言う初期不良であった。2018年度製のものだったので、保証はないのかなと覚悟したが、メーカー保証は、電源を入れてから1年間ということで、無料保証となった。

しかしAppleの対応は凄かった。電話にて連絡して症状を聞き配送して修理、そして返却という流れであったが、まず電話が全く混まなかった。日本のメーカーの場合、電話をかけてもいつまで経ってもつながらない。それが当たり前だと思っていたが、Appleは違っていた。さすがである。

担当の人と約30分近く話をした結果、やはり初期不良であることが判明し、引き取り、修理、配送となった。二日前に出して、二日で戻ってきた。おおよそ一週間という期間を大幅に短縮した修理工程であった。感動ものである。

日本のメーカーであれば、こんなことは不可能であったと思う。値段が高いということはいいこともあるのだと痛感した。サービスが違う。安心が違う。

しかし、500ギガのMacBook Proが15万円とは本当にお買い得であった。今このブログも新しいMacBook Proで書いている。タッチキーも前のものより浅く、少し慣れなかったが、だんだんと心地よくなってきている。

2014年度製のMacBook Proがまだバリバリ現役であったが、なぜ買ったかというと、もう一度自分で情熱を傾けてネットの作業をしてみたいと思ったからだ。そのためには、新しいノートブックを買って心機一転がんばってみようと思ったからだ。形から入るタイプの人間である。笑

何とFINAL CUT PROも買ってしまった。ワード、エクセルも入れた。完璧である。動画の編集を含めて、還暦をもうすぐ迎える身としては、もう一度全てにチャレンジしようと思う。

古いMacBook Proは、携帯用にしようと思う。いつ壊れてもいいので、外出先に持っていこうと思う。

Appleは本当に素晴らしいな。

新型コロナについて

野党は、対応の遅れを批判している。しかし、まだそれほど感染者がいなかった時点でもしも中国人の渡航を禁止したら一体どうなっただろうか?

観光業界、インバウンド業界、ホテル業界などから、半端ではない批判を浴び、野党も一斉に批判したことだろう。その措置によって、日本にほとんど感染者がいなかったとしたらどうなるだろう?

そこまでやる必要があったのか?それほどの被害ではないのに、経済的なダメージをどうしてくれるのだ!などの批判殺到であったろう。

結局、日本をパンデミックから救っても批判。救わなくても批判だ。

結局、民主主義には限界があるのだ。このままいくと中国はコロナを克服するだろう。民主主義国家には無理なことだ。コロナを克服する方法は簡単である。1ヶ月間、誰も家から出なければ良いのだ。米と酒さえあればなんとかなる。死ぬわけじゃない。戦争だと思えば、どうってことないだろう。テレビもあるし、電気、水も大丈夫なのだ。

もう、日本全国、1ヶ月間お休み。物流と販売のみ営業という形をとれば、問題ない。戦後70年、日本人も1ヶ月くらい休んでも良いのではないだろうか。

一部上場には、内部留保が500兆円もある。日本は全然大丈夫なのだ。

こんなに儲かっているのに、「もう笑いが止まりません。」と本当のことを言っている経営者を見たことがない。みんな、ボチボチですでおしまいである。儲かっているというと、人件費を上げなければならないからだと思う。

ある意味、不景気というのは、経営者にとってこれほど便利な言葉はないのだ。どんなに絶好調でも不景気と言っておけば、人件費は上げずに済む。だが、結局それこそが、日本を発展させない最も大きな原因になっていることに気がついていない。

愚かな事だと思う。

スターウォーズ エピソード9を語る。

別につまらない訳でもなんでもないが、スターウォーズという映画は、やはり4、5、6部の3部作で全てだと思った。

そもそもこの4、5、6部がなぜあれほどまでに心を躍らせたかというと、それは映像が画期的であったからだ。ローテクの時代にあの映像を作ったジョージ ルーカスは本当にすごかった。宇宙のあんな戦闘シーンはかつて見たことがなかった。

しかし、時は経ち、CGが進んだ現在、このレベルの映像は別の映画でもいくらでも見れるようになっている。映像における感動、これこそが最初のスターウォーズにはあったのだ。

物語が悪いとは思わないが、はっきり言って別に見なくてもよかった。それは1、2、3、7、8、9部全てに言える事だった。

 

男はつらいよ おかえり寅さんを見る

感想をいうとすると、この映画は男はつらいよではない。

男はつらいよ その後の満男 これならまだ納得だが、おかえり寅さんというタイトルで期待100%で見に行った身としては、「これがいっぱいいっぱいだろうな。」という感想である。

寅さんは死んでいるのだ。もう新しい撮影はできない。この誰もがわかっている過酷な状況の中で作ったとしては、最高の映画だったとは思う。つまり現在の状況下で造り得る最高の映画ではあったということだ。

しかしそれは男はつらいよではなかった。

これは、「満男はつらいよ 三丁目の夕日」というタイトルにするべきであったと思う。

あまりのも矛盾する事が多すぎた。

満男は、小説家にはなれない。この設定は無理だ。

泉ちゃんは高卒で確かレコード店に就職したはずだ。それがヨーロッパに留学して英語ペラペラは無理だ。

私は、最初の段階で、満男と泉ちゃんが結婚したところからの話のほうがよかったと思う。

満男の中学生の娘の設定も無理だ。今時、あんないい娘はいない。

これは基本的に寅さん総集編にすぎない。

本当の寅さんファンは、見る必要はないと思う。

これは別に批判ではない。寅さんはいない中では、最高の映画であるとは言っておきたい。

犬を買う、犬を飼う。

11月26日に、柴犬の子犬を買った。秦野中井で結構有名なブリーダーさんから購入した。

なまえは「なな」にした。

子犬は、ちょっと耳が大きく見える。成犬になった時、普通のバランスに慣れば良いのだが。。

よく名前を呼ぶとすぐに飛んでくる。かわいいと思う。

前の犬の「ここ」が死んでから5ヶ月、今度、散歩に行けるようになったらななを連れて、お墓参りに行こうと思う。どうもななはここの生まれ変わりのような気がする。顔が似ている。柴犬だから当たり前か。。。笑

これから最低13年以上、一緒の生活が待っている。楽しみだな。

 

犬を買う

犬を飼うではなく、まず犬を買った。まだあと20日くらい待たなければならないが。

7月に亡くなったココとおなじ柴犬にした。色も赤にした。私はやはり柴犬は赤が好きだ。新しい家族を26日に迎える。たのしみであり、ワクワクしている。

もう一度やる気が出てきた。思えば今年の夏、ココが死んでから本当に心にぽっかりと穴が空いたようになにもやる気が持てなかった。年も年だし、それでもいいかとも思ったが、もう一度子犬から育てようと思った。

友人から言われて初めて飼ったのがココだった。12年生きて、突然いなくなってしまった。悲しくて悲しくて仕方なかったが、そろそろ次に向かって生きていこうと思う。それがココも望んでいると思う。

新しい犬は柴犬の赤、メスである。名前はハルにしようと思う。モモでもいいのだが、それでは先代のココをあまりに似ていて、またココを思い出してしまいそうだからだ。

私は犬のいない生活はもうできないと思う。犬は良い。子供達も独立し夫婦二人きりの生活には、なおさら犬は必要な気がする。

寝てばかりだったココだが、いつもいつも家族を笑顔にしてくれた。本当にありがとう、ココ。いつまでもいつまでも忘れないよ。

 

Bluetoothのスピーカー

2014年製のMacBook Proのスピーカーが音割れするようになった。

パソコンとしてはまだまだ使えそうなにに、ユーチューブなどを見ると、とてもとても聞いていられるレベルではない。

一度は買い替えを考えたが、すごく小さなBluetoothのスピーカーが3000円でドンキホーテに売っていたのでそれを買ってきた。まあ、それなりの音だが音割れしない。これはいいかも。

そのうち調べているとSONYがよいスピーカーを出していることに気がついた。だいたい2万円強である。これを買ってパソコンの後ろにおけばすごく良い音がなるだろう。修理が3万円弱かかるので、こちらを買った方が良さそうだ。

ユーチューブでジャズの音楽が無料で聞き放題のライブがたくさんある。これを聞きながら仕事をするのも心地よい。

やぱり安物はダメかもとも思う。もうドンキホーテで買った3000円のスピーカーは捨てたいのだが、そうすると皆に何か言われそうなので、しばらくは我慢して使っておこう。

全てが無料の世界

現場でとてもよいジャズ音楽が流れていたので、最後にこの有線チャンネルはなんというものですか?と聞いてみると、それはrelax cafe musicというユーチューブチャンネルであった。それを無線でスピーカーに飛ばして、店内で流しているとのこと。

こんな環境が無料なのかととても驚いた。昔なら、これは絶対に有線で契約しないと聞くことのできない音楽だっただろう。

今やほとんどのことがスマホ一つでできるようになっている。早速自分もそのチャンネルを登録して聞いている。

とても癒されるよい音楽チャンネルだと思う。しかもなんとライブのようだ。こんなものが無料で手に入るとは。

きっとまだまだ自分が知らない無料のサービスが世の中にはたくさんあるのだろう。情報というものがいかに大事かということも痛感させられる1日となった。

単焦点レンズの素晴らしさ

PENTAXのK−1に安い安い35ミリの単焦点レンズをつけて、写真をとっている。これを使うと、もうズームレンズには戻れなくなった。写真の張り詰めた空気感の様なものが、ズームレンズではまず出せない。シャープな画像も取れず、少しぼやけたものになってしまう。満足できなくなった。

そうすると今度は、単焦点の最高のレンズが欲しくなってきた。31mのリミテッドレンズである。これがどうしても欲しい。新品でやく10万円、中古で運が良くて6万円くらいだ。今まで多くのレンズを買ってきたが、このレンズを買ったら、全てを手放すかもしれない。それくらい期待できるレンズである。

写真は本当に楽しい。いくらスマホが頑張っても、所詮、1眼レフカメラには勝てない。

写真が好きな人は、ぜひカメラを買ってもらいたい。カメラは本当に素晴らしく、面白い趣味である。金がかかるが。。。。

損して得とれ

この世の中で一番大切なものは何と言っても運です。運命という言葉があります。人間の一生は運命、つまり運により決まる命ということです。

よく世間でがめついと言われる人がいます。しかし私は、その人が結局総合的には損をしていることは間違いないと確信しています。だから腹も立たない。他人から「あいつはがめついやつだな」なんて思われていたら運は全然貯まってきませんから。

目先の利益、今日の利益、そういうものよりももっと大事な物がある。人のために生きること、これをすると何と言っても感謝されます。人からの感謝が、いかに自分の運を引き上げるか。若い人はまだわからないかも知れませんが、これが運を貯める一番の方法です。

運が数値が貯まってくると、自分でもびっくりするくらいの良いことが向こうから舞い込んできます。そういう経験を何度かすることで、やっと運の意味が私もわかってきました。50歳を過ぎてからくらいでしょうか。

人のために生きる。自分は縁の下の力持ちになって、皆さんに尽くしたい。よくこういうことをいう人がいるが、実はそういう人に限って、人を踏み台にしてのし上がっていく。

私が言う人のために生きるというのは、結局はそれが自分の為だからだという意味だ。他人のための人生ではないのだ。ただただ自己犠牲の精神では、絶対に続かない。その先に、結局それが全て自分に何倍にもなって帰ってくるという、下心が大事なのだ。人間なのだからそれでいいと思う。

そう考えると、私の言っていることは説得力があると思う。人のために生きることが、人が喜ぶように自分を犠牲にすることが、結局はすべて自分自身のためになる。これは本当の事です。