年をとると一年があっという間に過ぎる理由

土曜日の朝にNHKでやっている数々の疑問に答える番組をちょうど、車で見ていた。ナインティナインの岡村が出ている番組だ。

年をとると、一年があっという間と感じるのはなぜか?という疑問だった。

この番組はいろいろな疑問を科学的に解明する番組である。例えば、なぜ、男と女では平均寿命が女の方が長いのか?などである。ちなみにこの答えは、なんと人間はそもそも最初なみんな女だという事らしい。そこで途中から男になるため、その分、何か不自然なためとかなんとかという理由だった。正確には覚えていないがともかく、人間は最初、受精した段階では全員が女として誕生するらしいという事だった。

では、年をとるとどうして一年があっという間に過ぎるのか?

科学的にアドレナリンとか、ドーパミンとかの関係があるのか?体力的な部分、酒を飲みすぎるとかそういう事か?いろいろ考えたが、答えは衝撃的なものだった。というか、当たり前すぎた。

年をとると、トキメキがなくなる、それにより時間が早く経過する。

どうやらこれだけの事らしい。そりゃそうだ。新しい恋愛でときめいたりしないもんなあ。旅行も日本であればほぼ全部行った。箱根にいきたいとかないし、伊豆も飽きた。そういう意味でなにか新しくトキメク事って本当にない。

そうか、それが1年が早く過ぎる理由だったのか。多分そうだとは思っていた。

トキメキ、確かに欲しいと思った。

夢破れて、古切手あり

今の人は信じられないかもしれないが、今から50年位前、記念切手が販売される時は、開店前の郵便局には長蛇の列ができていたものだ。

購入したら、もう一度列の後ろに周り、もう1シート買う。そんな事も当たり前だった。なぜか?切手は必ず値上がりして、50年後には、この切手を売れば、マンションが一個買えるくらいにはなると、皆、信じていたからだ。

私も母から、「大人になってどうしても困った時は、この切手を売りなさい。」と言われたものだ。

それから50年が経過した。調べてみるとどれ一つ値上がりしているものはない。仕方がないので、新しい切手に変えてもらおうとしたら、1枚に付き、5円の手数料がかかるということを知った。

つまりは値下がりということだ。まさか請求書の封筒に7円、15円、20円の切手を貼るわけにもいかない。しかも当時のお金の価値を考えると、考えられないくらいの値下がり率だ。

要するにみんなと同じ事をしていては絶対に儲からないという事。これを50年たった今、学んだわけだ。高い授業料だったな。笑

夢破れて、古切手あり。膨大な量のシートの切手。だが値上がりしているものもある。それは通常の切手だ。記念切手はみんなが買い集めたので、価値がないが、通常の切手はみんな何も考えずに使っていたので、これの数の方が少ないらしい。世の中、そんなもんなのだな。

 

ゴルフを止めるということ。

若い頃に少しかじったゴルフを本格的に再開したのが、50歳になってからだった。

こんな素晴らしいスポーツはないと思い、夢中になって練習し、ベストスコア86(ただ、これはレーティングもないくらい優しい千葉のコースだが)を出した。なんどもコースの会員権も買おうと検討したりもした。

私は今年58歳になった。そして、ゴルフを一旦、休憩することにした。まずドライバーが歳とともに飛ばなくなってきた。若い人と回ると、ドライバーで50ヤード離される。さすがに、これではやる気が萎える。しかも高齢者はアプローチなどで普通挽回するのだが、私はそれも下手だ。結果、いつまでたってもうまくならない。

私がゴルフを再開した一番の理由は、通っているセントラルスポーツが、日本一と言えるゴルフ環境だったからだ。屋上には40ヤードの打ちっ放し、バンカー、アプローチ、パター練習まで屋外、屋内にあった。ちょうどバブルの頃にできたスポーツジムだったので、そういう作りになったのだろう。

それが昨年の改装で、すべてテニスの教室用のコートに変更されてしまった。長く屋上で練習した人間にとって、ボールを有料で打つということが、まずもっていやでいやで仕方がない。なんで一球打つごとに何十円も払わなければいけないのか?そういう思いがある。しかし現在のセントラルには、鳥かごの打ちっ放ししかない。これでははっきり言ってどこに飛んでいるかもわからない。こんな環境で練習しても、うまくなるはずはない。

練習するところもなくなり、また歳とともに、いろいろなところが痛くなってきた。ゴルフ肘は未だに完治しておらず、さらに追い討ちをかけて腰が痛くなってきた。膝もよくない。これらに負担のかからないスイングにすると、ドライバーが200ヤード飛ばなくなってきた。

そもそもゴルフというのは、ドライバーが230ヤード飛ばないと成立しないスポーツだ。420ヤードパー4なんてホールはたくさなる。190ヤードパー3なんていうのもざらにある。もうこういうホールが苦痛で仕方がなくなってきた。そもそもボギーでベストという状態なのだ。

今、ゴルフをやめてみて、別になんの感情もない。その代わりクロストレーナーをほぼ毎日やり400〜500カロリーを消費している。そのあとのビールのうまいことうまいこと。その幸せの方が私には心地よくなってきた。

そもそも私は高校時代、野球部だったが万年補欠であった。運動神経はよくない。自信がある。だから、ゴルフだって、人よりうまくなるのはそもそも無理なのだ。

あれほど熱中していたゴルフ熱が、こんなにいとも簡単に冷めるとは自分でもびっくりではある。クラブはもう神木本町の倉庫にしまってしまった。またいつか再開するかもしれないが、ゴルフはやはりもっと若い頃から始めなければダメなスポーツなのだと思った。

もう一度人生があったら、20台から始めてみたい。そうすればパーオンゴルフができるだろう。私のように、ベストがボギーオンのゴルフは、やはりつまらない。ゴルフはもちろんスコアを競うスポーツだが、飛距離とバーディーの快感を味わうスポーツとも言える。

小学生時代、得意だったのはマラソンだ。初心に帰り、クロストレーナーで頑張って、いずれはマラソンをしてみたいと思う。それが今の私の夢である。

拉致被害で一番大事な事

米朝首脳会談が行われているが、ニュースではトランプ大統領が拉致被害について言及するかどうかで、騒いでいる。

そもそも拉致被害者の問題を考えるとき、国としてどうあるべきか、そのために憲法は現行法で良いのかという議論が全くされていない。これが一番問題なのだ。

日本は同胞が拉致された場合、「このやろう、返さないとぶっとばすぞこの野郎。」と言って奪還する国になるのか、それとも「お願いです。お金を払いますから返していただけませんでしょうか?」と媚びへつらう国のままでいいのか?

なぜ、国会でこの事をもっともっと議論しないのだ。

拉致被害の事を他国の大統領に言及してもらう。そんな情けない国のままで日本はいいのだろうか?

日本人も一人一人、真剣に考えてみるべきだと思う。

全てが無料で手に入る世界

ワードプレスはほぼ全ての機能がプラグインで存在する。

こんなものが欲しいなと検索すると、まず存在する。しかもほぼ無料のプラグインである。テーマも無料でほぼ完璧なものがある。

請求書を作成するソフトも、ワードプレスで手に入れた。このソフトもすごい。しかも無料である。

ワードプレスがこんなにすごいとは思わなかった。ただただ、驚いている。